2006年度統計数理研究所共同研究集会「データ解析環境Rの整備と利用」

 統計数理研究所共同研究「Rの整備と利用」研究会開催のお知らせです。
 
 データ解析環境Rに関する研究集会を以下のように行います。
 (なお、都合により若干の変更を行う場合があります。)
 
 参加は無料で自由ですので、皆様の多数のご参加をお願い申し上げます。
 
 
 世話人:
    間瀬茂  (東京工業大学)
    中野純司 (統計数理研究所)
 


 
     統計数理研究所共同研究「Rの整備と利用」研究会
 
 日 時: 2006年12月8日(金) 9:30 - 17:00
  2006年12月9日(土) 9:30 - 16:20
 場 所: 統計数理研究所 講堂
  地図 http://www.ism.ac.jp/access/index_j.html
 参 加 費 用: 無料
 使 用 言 語: 12月8日は英語、9日は日本語

■ プログラム

●12月8日 09:30 - 10:30

     Brian Ripley (University of Oxford, UK)
     Title:  Software for Statistical Developments

10:45 - 11:45

     Kazushige Goto (The University of Texas, US)
     Title: Various optimization and performance tips for processors

13:30 -14:30

     Stefano Iacus (Universita degli Studi di Milano, Italy)
     Title: Two R specific optimization techniques for speed and data management

14:45 - 15:45

     Sungwoo Park (Pohang University of Science and Technology, Korea) 
     Title: A critique of R from the perspective of programming language theory

16:00 - 17:00

     Junji Nakano (ISM, Japan) and Ei-ji Nakama(COM-ONE Inc., Japan)
     Title: R on super-computers at ISM

( 18:00 - Dinner)

●12月9日 09:30 - 10:15

   舟尾暢男
   武田薬品工業(株)医薬開発本部
   日本開発センター  統計解析部 統計グループ
  「Rでデータハンドリング ~ データフレーム 30 分クッキング~」

10:15 - 11:00

  久保拓弥
   北海道大学・地球環境科学研究院・環境生物科学部門 陸域生態学分野
  「MCMC 計算まわりでさまよう R ユーザー」

11:00 - 11:45

   鈴木了太
   (株) ef-prime
  「Rで起業!フリーソフトウェアとデータ分析ビジネスの現在」

(11:45 - 13:00 昼休み)

13:00 - 13:45

   小笠原理(国立遺伝学研究所 生命情報・DDBJ研究センター)
   服部恵美((株)情報数理研究所)
   三十尾潔高((株)情報数理研究所)情報数理研究所
  「R graphical manualsの開発と今後の展開」

13:45 - 14:30

  牧山文彦
   特定医療法人敬愛会 ちばなクリニック 健康管理センター
  「GoogleEarth とR言語」

(14:30 - 14:50 休憩)

14:50 - 15:35

  谷村晋
   長崎大学 熱帯医学研究所 社会環境分野
  「地理空間分析のためのベクタデータモデル共通基盤 -
    sp パッケージのクラスとメソッド-」

15:35 - 16:20

   間瀬茂
   東京工業大学 情報理工学研究科 数理・計算科学専攻
  「R 紹介のためのオープンソース原稿」

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-03-21 (木) 17:42:14